おくまやの理念

わたしたちの家づくりへのこだわりをお伝えします

温故知新の住宅造り

140年超の歴史と最新技術の融合
千葉県安房郡のおくまやは「温故知新」の考えを大切にしております。創業以来14年に渡って積み重ねてきた歴史とノウハウを無駄にすることなく、最新技術との融合を果たして、他には真似のできない住宅づくりを実現します。
01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
Warm innovation
温故知新
おくまやが事業を始め、一世紀半が経とうとしています。積み重ねた歴史を決して無駄にしないためにも、私たちは温故知新を企業理念に掲げております。 過去の事例を見つめなおし、対策を練る。手掛けさせていただいた仕事から、新たに力を得ることを心掛けております。過去の事例を分析し、お客様にデータとして蓄積するだけでは、ただの自己満足で終わってしまい、意味のないものとなってしまいます。 決して妥協を許さず、住宅という生活の軸となる場所に新しい風を送ることがおくまやの目標であり、常に突きつめていることでもあります。 ありがたいことにおくまやは現在まで、多くの施主様とお付き合いさせていただいております。昨日より今を過ごしやすくするために、歴史を持つおくまやだからこそできることを、今後とも考えていきたいと思っております。
Together with Awa area
千葉県安房地域に歩んで
おくまやが歴史を持つ意味は、千葉県安房地域の風土と歩んできた実績を持つということでもあります。ずっと千葉県で家づくりに関わっているからこそ、千葉県に適した木造住宅が造れるということであり、そうでなければなりまん。 社会環境、自然環境は常に変化していきますが、おくまやは実績を積重ね、データとして保存しています。これらのデータを活かし、風土に対応させ、環境に対応させていくことが、施主様のご満足に繋がると信じ、行動しております。 温故知新の理念を活かし、千葉県と共におくまやが今後も成長を続けていけるよう励んで参ります。古き良き日本の「木」の文化を木造住宅として伝え、進化させ続けていきますので、末永いお付き合いを宜しくお願いいたします。
項目を追加

森で飾られたモリーオ市飾られモリーオ市飾られた

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら

地域貢献

おくまやは千葉県安房郡の地元業者として、住宅づくりを通した地域への貢献を常に目指し続けています。お住まいのお困りごとはぜひ弊社にご相談ください。
項目を追加