日々 目論見

バンブーアート『浮書絵彫り』

孟宗竹に絵、書など彫刻刀を用いて浮かし彫りにする。色づけは黒と茶の2色だけ・・・鋸南町で『浮書絵彫り』をされている方に、実際に作品を見せていただきました。とにかく細かいです。根気が必要と、すぐにわかります。2色の染料の割合や濃度を変えたり、筆使いでここまでの色を表現されています。【他の色や絵の具などで色をつけたものは、出来上がりに上品さがなく、品が下がり、“彫り”ではなく、絵が描いてあるように思われてしまう。高尚で優雅さと細微な彫り方が、花は咲き、鳥は囀り、美人は微笑むような彫り、見る人の目を引きつけます。針のように細かい線を刀の先で、何百何千と刻む彫り方は誰にも真似できません。画面のどこを、どのようにデザインして彫るのか、即興に出来かねます。何百本と彫っているうちに技術は自然と身につきます。】(浮書彫り資料より抜粋) 孟宗竹の切り出し、油抜き、1ヶ月程乾燥、半年~1年ねかせ、やっと彫りの作業に入ります。こうして手間ひまかけることで、完成後の竹の歪みや割れを少なくし、竹自体の劣化を防ぎ、保存性を高めてくれるのだそうです。少し先になりますが、個展があるそうなので、ぜひ、ご覧になってくださいshine.gif★10/27~富浦枇杷倶楽部 ★11/1~鋸南文化ホール
  • yess建築ビルダーズ
  • 家づくり
  • リンク集
  • ブログ
  • 見学会イベント情報
  • Q&A
  • イノス