日々 目論見

トップページ > 日々 目論見

おくまやに布袋様がいらっしゃいました!

                     

   福の神:商売を繁盛させたり、家の人々の

   安全を守ったり、よい運を招いたりする神。

   

 

   壁をつくっているのは自分のこころ

   その壁をやぶるのも自分のこころ

  

   来る人も又来る人も福の神

          好き嫌いして徳を減らすな 

 

 保田の鈴木様の作品です。おくまやに

   いただきました!ありがとうございますshine.gif

 

                       

                                         

                                                                             

                                       

 

 

懐かしい鋸南

昔、鋸南に遊園地とか水族館があったなんてicon_eek.gif

ご存知でしたかー!?  びっくりですicon_rolleyes.gif

鋸南町文化祭で見つけた古い写真です。

鋸南町文化祭

10月31日、11月1日中央公民館にて鋸南町文化祭が開催されました。

実は私、鋸南町の文化祭に行くのは初めてでした。

鋸南町の人全員が集まったのかな、と思うくらいの人数でびっくりでしたsweat01.gif

それと、鋸南町は器用な人が多いんですね~

おくまや 秋の感謝祭 2015

ご来場ありがとうございましたsign03.gif

おくまやの感謝祭としては今年で9回目となります。

この時期はイベントが多く、この日鋸南町の文化祭も開催されておりましたが

鋸南町の方はもとより、遠方からのご来場もあり、楽しい感謝祭となりましたmaple.gif

 

浮書絵彫作品展 (南総敬舟会)へ行ってきました!

去る10月27日、28日 枇杷倶楽部に於いて 浮書絵彫作品展がありました。

それぞれの作品の手法など説明いただき、その丁寧さに驚きです。

今年もやります! おくまや『秋の感謝祭』

今年も、maple.gifおくまや 秋の感謝祭maple.gif を開催いたします!

      10月31日(土) 10:00~16:00

 抽選会や商品付き餅投げなど、日頃のご愛顧に

お応えしまして ご来場の皆様に楽しんでいただけたらと

思っております。詳細は 『感謝祭』 ←こちらをクリック

ご来場お待ちしております~sign03.gif

 

 

新潟郷土料理 『箱寿司』

    めずらしいお寿司をいただきました。                                                  新潟の郷土料理 『箱寿司』  四角い木枠に笹かみょうがの葉、                                     すし飯、具を繰り返し敷き詰めていき、蓋をかぶせて押し、木枠から抜いて                                   等分に切ったもの・・・とおっしゃっていました。 一層毎にきれいに剥がすことができ、                                  一段目秋刀魚煮~二段目しめさば~ 三段目野菜や肉、そしてたまごに                                       桜でんぶと順番に色々な味が楽しめます。見た目も味も食べる人を飽きさせないお料理ですね。                                                          家々によって、具材や敷き詰める順番が違ったりして、 きっと『わが家の箱寿司』が                               あるんだろうな・・・と思いました。秋祭りが多いこの時期、おもてなしにぴったりですね。                                                                                                                                                                                                                                                                                     

    バンブーアート『浮書絵彫り』

    孟宗竹に絵、書など彫刻刀を用いて浮かし彫りにする。色づけは黒と茶の2色だけ・・・鋸南町で『浮書絵彫り』をされている方に、実際に作品を見せていただきました。とにかく細かいです。根気が必要と、すぐにわかります。2色の染料の割合や濃度を変えたり、筆使いでここまでの色を表現されています。【他の色や絵の具などで色をつけたものは、出来上がりに上品さがなく、品が下がり、“彫り”ではなく、絵が描いてあるように思われてしまう。高尚で優雅さと細微な彫り方が、花は咲き、鳥は囀り、美人は微笑むような彫り、見る人の目を引きつけます。針のように細かい線を刀の先で、何百何千と刻む彫り方は誰にも真似できません。画面のどこを、どのようにデザインして彫るのか、即興に出来かねます。何百本と彫っているうちに技術は自然と身につきます。】(浮書彫り資料より抜粋) 孟宗竹の切り出し、油抜き、1ヶ月程乾燥、半年~1年ねかせ、やっと彫りの作業に入ります。こうして手間ひまかけることで、完成後の竹の歪みや割れを少なくし、竹自体の劣化を防ぎ、保存性を高めてくれるのだそうです。少し先になりますが、個展があるそうなので、ぜひ、ご覧になってくださいshine.gif★10/27~富浦枇杷倶楽部 ★11/1~鋸南文化ホール

    たくさんのご来場ありがとうございました!

    去る5/30(土)、5/31(日)と保田で構造見学会を行わせていただきました。日曜日は少し雨の心配をしましたが、終日晴れで たくさんの方にご来場いただきありがとうございましたshine.gif(東京や船橋方面からも足を運んでいただきました)最近では構造見学会をする工務店やハウスメーカーがほとんどありません。基礎や骨組みの見学会は面白みがないかもしれませんが、住宅をつくるうえで とても重要な部分であり、どんな木材が使用されているのか、また断熱材の種類なども参考にしていただけるかと思います。おくまやは、これからも構造見学会、完成見学会を続けてまいりますので、興味のある方、ぜひ、ご来場ください。次回の見学会は7月になるかと思いますhouse.gif詳細が決まりましたら、ホームページにUPしてまいりますので『イベント情報』をご確認下さい。たくさんのご来場、お待ちしておりますconfident.gif

    気になっていました

    雨が降ったあと、庭にわかめのようなのが大量発生する。強風に飛ばされて 海から来たのか・・?日が照りだすと水分が蒸発してカサカサになって、雨が降ると またぷにょぷにょに戻る。いったいこれは・・・調べてみました!海藻じゃなくて、「イシクラゲ」という陸生の藻でした。なんでもこのイシクラゲ、放射性セシウムを吸収・固定するらしく、福島第一原発の事故を受け、実用化に向けて研究が進められているのだそうです。放射線量が高くて困っている人たちへ これが打開策になればすごいことです!
    2 / 41234
    • yess建築ビルダーズ
    • 家づくり
    • リンク集
    • ブログ
    • 見学会イベント情報
    • Q&A
    • イノス